INTRODUCTION

STORY SEASON1

チアリーダーを救え。世界を救え。

愛情深く温和な青年看護師ピーター。その兄で議員候補のネイサン。テキサスのチアリーダー、クレア。東京のサラリーマン、ヒロ。LAの警官、マット。ラスベガスのシングルマザー、ニキ。マンハッタンに住むアーティスト、アイザック。 世界各地で、年齢も国籍も境遇も異なる“彼ら”は、ある日突然特殊能力に目覚める。エンパス、時空間移動、空中浮遊、再生能力、テレパシー・・・。やがてニューヨークで起こる核爆発。それを止めることが彼らの使命なのだ。

自分がいつか何か大きなことをすると信じ、夢見がちな性格の看護士だったピーター。シモーヌの父親チャールズの介護をしていたが“使命”を果たすため辞職、能力者を調査しているモヒンダーを訪ね、自分の能力と果たすべき使命を模索していた。やがて「チアリーダーを救え!世界を救え!」という未来のヒロからメッセージを受け、自分の使命を確信。チアリーダーを救うため、ピーターは画家アイザックの助けをかりて、テキサスへ向かい、能力者ばかりを狙う殺人犯サイラーからクレアを救うことに成功する。だが、まだ恐ろしい未来は変わらなかった・・・。

一方、全ての能力を手中に収めようとするサイラーは、名を偽ってモヒンダーと行動を共にしており、次々と能力を手にいれていた。そして、サイラーは、テッドを手にかけ、その能力を手に入れる。そして次に狙いは、ピーターの能力だった…。

そんな能力者たちの行動を監視する団体がいた。テキサスにあるプリマテック社は表向きは製紙会社だがその実態は能力者たちを監視する“組織”であり、エージェントたちは能力者たちを捕獲してアイソトープを注入し、追跡調査をしていた。そして、“チアリーダー”クレアの養父ベネットはそのエージェントだったのだ。だが、何よりも“組織”の冷酷さを知るベネットは能力を表したクレアを“組織”から守ろうと必死で抵抗する。クレアはネイサン・ペトレリの実の娘であり、まだ赤ん坊の頃、“組織”から預けられていたのだ。ベネットは娘そして家族のため、“組織”の保有する能力者追跡装置を破壊しようと画策する。

実は“組織”はヒロの父カイト・ナカムラ、アンジェラ・ペトレリ、チャールズ・デヴォー、そしてリンダーマンらが一緒に創設したもので、彼らは、ある計画を遂行していた。世界人口の0.07%とピーターの犠牲をもって、世界を病から解き放つ。そして、その後の新世界のリーダーにネイサンをすえようとしていた・・・。ネイサンは、母アンジェラとリンダーマンに説得され、弟ピーターとNYの犠牲を容認する…。

ピーターは共感能力の持ち主で、まるで吸収するかのように彼は周囲にある能力を次々と体得していた。急激に多くの能力に接触したピーターは、能力のコントロールに手を焼く。やがて、ピーターは放射能を発するテッドと接触。その強烈な能力に苦しむピーター。・・・アイザックのペインティングにある、NYの中心で爆発する人間はやはりピーターなのか、それとも…。ピーターはサイラーとの戦いに備え、クレアに、万が一のときには、自分を銃で撃って止めるように頼む。

やがて迎えた運命のとき。、ピーター、クレア、ヒロ、ニキ、マットたちはカービープラザの前に集結。死闘を繰り広げ、サイラーを倒すピーターたち。だが、その直後、ピーターの能力が暴走、彼の身体は爆発寸前となる。やはりピ-ターがニューヨークの爆発だったのだ。
爆発を止めるため、涙をこらえて銃を構えるクレア。だが彼女の前に降り立ったのはネイサンだった。
「お前がチアリーダーを救った。だから、二人で世界を救えるんだ。」ネイサンはピーターを抱え、ニューヨークの空高く消えていった…。

エピソード・ガイドはこちら>>

©2006-2010 NBC Studios, Inc. All rights reserved.